バス釣り情報あれこれ、楽しいバス釣り

バスの行動

春には水温が上がってくるので、深場で冬を過ごしていたバスたちは浅場へと移動し始めます。小魚も水温の上がりやすい浅場で群れていることが多くなり、産卵期をひかえたバスたちは、その小魚を捕食するためによく追うのでバスの釣りどきでもあります。

夏になり産卵期を終えたバスたちは、体力回復の為によくエサを追います。陽射しの強い日中は、活動もにぶりますが、朝・夕は浅場に移動してきてさかんにエサを追います。

真夏の高水温で動きのにぶっていたバスも秋には活発になり、冬に備えた荒食いを始めます。朝、夕はもちろん日中でも浅場を回遊しているので、春同様バスの釣りどきといえます。

冬は群れをつくり最も水温の安定する深場や湧水点に移動します。活動もにぶり時おりエサをとる程度しか動きません。

冬はバス釣りのオフシーズンとされていましたが、群れさえみつけられれば、バスを釣りあげることが出来るので、ウィンターバッシングとして昨今人気が高まっています。