バス釣り情報あれこれ、楽しいバス釣り

琵琶湖

バス釣りで一度は行ってみたいのが琵琶湖です。

琵琶湖は、面積約670キロ平方メートルで、日本で一番大きな湖です。バスもでかいです。
 
琵琶湖の一番狭い部分に琵琶湖大橋が架かっていて、橋から北側部分が北湖、南側部分が南湖と呼ばれています。
 
北湖の水質はクリアーで平均水深約43m、湖北・西岸の木津沖に琵琶湖で一番深い部分があり深さは103.58mです。

南湖の北部一帯はクリアーですが全体的にはステインに近い水質です。平均水深は4mですが東岸には浚渫(水底をさらって土砂などを取りさること)された場所が多く浚渫地帯の一番南側“ディープホール”の水深は13mです。

琵琶湖西岸は山に近いので湧き水やクリアーなインレットがたくさんあり東岸に比べると急深です。

東岸は住宅地や畑が多く水底は遠浅でシャローフラットが多いです。
 
北湖のバス釣りのポイントは湖のど真ん中では釣れません。ただし水深20mぐらいまではスポテッド系のブラックバスが釣れます。これらのブラックバスは主にロックエリア、漁礁に多いです。 勿論、ラージ、フロリダ系のブラックバスもいます。
 
南湖のバス釣りのポイントはトップシーズンには湖全体でバス釣りが楽しめます。複数のウィードが琵琶湖を覆います。シャローフラットが多いので水温は温まりやすく逆に寒くなると水温低下が早いので、バス釣りの春の訪れは早く、12月には完全に冬です。
 
3月頃スポーニング前線が南湖から始まりバス釣りもそれを追って、琵琶湖北端まで少しずつ北上してきます。