バス釣り情報あれこれ、楽しいバス釣り

ブラックバス

バス釣りと言えばブラックバスを釣るゲームフィッシングのことを指すのが今では一般的ですね。

それじゃあ、ブラックバスってどんな魚なのと言うことになるのですが、学術的に言ってしまうとスズキ目 スズキ亜目 サンフィッシュ科の淡水魚のうち、オオクチバス(オオクチクロマス)、コクチバス(コクチクロマス)などの総称です。

バスの生態としては、成魚で体長は20-70cm。オオクチバスは、湖や池、沼などの沿岸部にすみ、水草の茂った場所で単独生活しています。産卵は5〜7月で、オスが卵と孵化仔魚を約1か月間保護するのです。

日本のバスは、1925年箱根の芦ノ湖に放流されて以来現在では、各種の要因で北海道を除くほぼ全国の湖、川、野池などに分布していてバス釣りを楽しめます。

現在日本で合法的にバスが放流されているのは、芦ノ湖、河口湖、山中湖、西湖の4湖で新潟県や琵琶湖などバスの再放流を禁止した県、湖、川などもあります。

ブラックバスは食用にもされますが、体長の割に引きが強いことや、季節によって一定のパターンをもって行動することから、釣りの対象魚として世界的に人気があるのです。

また、ゲーム「糸井重里のバス釣 no. 1」を始め木村拓哉や反町隆史などがテレビなどでバス釣りを見せたりしたので日本でも人気が高まっています。ブラックバス釣り愛好家を、バサー (basser) などとも呼んでます。

日本では、50cm以上のバスは「ランカーサイズ」としてバサーをとりこにしています。

エビやドジョウなどを餌にしたバスの釣方もありますが、ルアーを使ったバス釣りが一般的です。湖や池、沼などの沿岸部にすみ、水草の茂った場所で単独生活しているのでポイントは沿岸部になります。